深刻な恋の悩み相談


心構え編


別れるかやり直すか悩んだら

心理カウンセラーでもあり、行政書士でもある私のところには毎日多くの悩める方が訪れます。

婚約破棄、不倫、離婚、ストーカー、妊娠中絶、虐待など、
一般の恋愛相談とは違う、その人の人生を左右する深刻な相談がほとんどです。

相談に来られる方は皆、不安、恐怖に脅え、心が衰弱しきっています。そのような悩める方を、私は励まし、なんとか問題を解決しようと努力してまいりました。

私は行政書士という法律のプロでもありますので、慰謝料請求の内容証明を書いたり、浮気などの証拠を収集する専門家だとお考えになる方もいるかもしれません。でも意外かもしれませんが、私は相談を受けていきなりそのような手段を進めることはまずありません。

なぜなら、こうした相談で本当に大切なことは、その人の心を癒し気持ちを整理していくことだと考えるからです。

浮気の証拠を押さえたり、法律手続を進めることは、別れるための手段。そうした方法を考えることは別れを決心してからでも遅くはありません。

私は相談を受けたら、心理カウンセラーの立場でお話を聞き、相手方の本当の気持ちを分析し、トラブルの起こった真の原因を相談者と一緒に考えるようにしています。

例えば、彼が突然浮気をしたのであれば、あなたは「どうして彼は浮気をしたんだろう?」と考えると思います。でもその本当の理由がどうしてもわからない。だからあなたは悩み、苦しんでしまう。しまいにはやり場のない悲しみが怒りや恨みに変わってしまうこともあるのです。

物事には原因と結果があるように、あなたと彼のトラブルにも必ずそれを引き起こした原因が存在します。あなたがトラブルに直面し、別れるべきかやり直すべきか悩んでいる場合は、まずトラブルの原因が何であったのか調べてみましょう。

そうすれば自然と彼の気持ちがわかってきて、気持ちの整理がついてきますので。


次へ
トップページへ


(c)カウンセラー行政書士
武石晃一
PCスマホ公式サイト