深刻な恋の悩み相談


原因追求編

外からの影響の問題

●夫婦生活の悩みの意外な真相

B子さんは結婚5年目。ひとりの子供にも恵まれ、やさしい会社員の夫となに不自由無い生活を送っていました。

しかしここ3ヶ月の間に夫の行動が変だとB子さんは感じ始めていました。最近、夫は支店長に昇進し、家族でお祝いをしたばかりでした。

今までB子さんと会話する時は聞き役だった夫が、急に短気でうるさく文句を言うようになりました。毎日の帰りが遅くなり、家に帰ってもひとりの時が多く、B子さんや子供とも距離を置くようになりました。セックスにも興味を示しません。

心配したB子さんはいろいろと夫に話しかけましたが、逆に文句を言われるので最近はケンカが絶えません。B子さんは自分に魅力がなくなったのではないかと悩み、今では夫が不倫をしているのではないかと疑っています。


さて、こうした状況になった時に、あなたはふたりのトラブルの原因はなんであると考えるでしょう?

今回のケースの結論を言いますと、彼は実はうつ病にかかっていたのです。

B子さんの夫は、不倫はもちろん、B子さんへの愛情が冷めているわけでもありませんでした。彼は重要なポストに昇進したことにより極度のストレスがたまり、うつ状態に陥りました。

引きこもりな態度、短気・セックスレスなどは全てうつ病から起こった症状であり、そうした症状がうつ病だということを彼自身もB子さんも気がつかなかったことが、ふたりの夫婦生活を脅かし始めていたのです。


次へ
トップページへ


(c)カウンセラー行政書士
武石晃一
PCスマホ公式サイト